ふくしま市民発電

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

講演会「ふくしま市民発電とは?」&刺繍画展:ふくしま市民発電応援企画第三弾

日時:2013年8月5日(月)13:30-15:30
場所:昭和女子大学園本部館3階 中会議室
(三軒茶屋駅より徒歩7分。詳細はhttp://office.swu.ac.jp/campusmap/)
講師:新妻香織氏(ふくしま市民発電代表、相馬市議)
天野寛子氏(昭和女子大名誉教授)
参加費:1000円(お茶代込み)

大震災の痛手と原発事故の影響に、福島は今も苦しんでいます。そこで立ち上がったのが、「ふくしま市民発電」。節電、再生エネルギーを重視し、地産地消の電気供給に取り組んでいます。

その動きを関東から支援しようと、シンポジウム、映画上映会が行われました。これまでふくしま市民発電代表の新妻香織さんの母校である日本女子大桜楓会館で開催されましたが、昭和女子大天野寛子名誉教授や昭和女子大の学生さんが参加される、というつながりが生まれました。「命を大事にしたい」という思いが共通する2大学の連携を、大切にしたいと思います。

天野先生は刺繍画の名手で、震災の被害にあった方々や原発事故等をテーマに作品を作っていらっしゃいます。その迫力たるや、「これが刺繍?」とみる人は誰もが驚きます。
そこで、第三弾は、場所を昭和女子大にうつし、「講演会と刺繍画展」のコラボレーション企画を開催いたします。刺繍画の展示と講話、そしてふくしま市民発電の新妻さんから現在の福島が置かれている状況のお話を聞き、皆で議論します。

ふくしま市民発電も、いよいよ7月から発電がはじまりました。震災で傷ついた福島から、「命を大切にする社会」をつくっていき、次の世代に手渡したいと思います。ぜひ、皆様ご参加ください。
■ プ ロ グ ラ ム
13:30 開会の挨拶
13:35-13:50 刺繍に込めた思い(天野 寛子先生)
13:50-14:30 ふくしま市民発電とは?(新妻 香織さん)
14:30-14:40 お茶タイム
14:40-15:20 会場とディスカッション
15:20―まとめ
【お申込み】できるだけ事前にお申し込みください。7月末日までに、お名前、連絡先を明記して、お申し込みください。留守のことが多いので、できるだけファックスかメールでお願いします。
当日参加も可能です。
【主催&連絡先】一般社団法人 ふくしま市民発電 東京支部  担当:土屋
電話&FAX03-3719-1712 メール:mamiko.tsuchiya@nifty.ne.jp


スポンサーサイト
  1. 2013/07/11(木) 20:54:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。