FC2ブログ

ふくしま市民発電

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

相馬市・新地町・山元町 研修ツアー

「ふくしま市民発電」を中心に、福島県北部の復興の状況を見学します。
 東日本大震災の爪痕は未だに大きく、復旧も遅々として進んでいません。特に福島県内の被災地は、原発事故の後処理と言う、他県とは異なる課題も抱えています。
しかし、「福島だからできることがある」と立ち上がった方々も大勢いるのも、また福島です。「ふくしま市民発電」、「東北お遍路」といった動きを支えているのは、地域の被災者であり、未だ仮設住宅にお住いの住民です。
福島の状況を見て、「ふくしまから始めよう!」と立ち上がった方々と交流し、さらに私たちに何ができるかを考える研修ツアーです。ぜひ、皆様、ご参加ください。

日程 2014年2月18日(火)-19日(水)詳しいスケジュールは裏面をご覧ください。
集合場所 JR大宮駅東口を出て、埼玉りそな銀行前、午前8時集合です 
定員 日本女子大生20名、一般参加者20名
参加費 ◎一般参加者20,000円(一泊3食付。バス代、宿泊費、保険料込。ただし、初日の昼食はバスの中になりますので、ご用意ください)
◎現役日本女子大生 無料(今回、日本女子大桜楓会より助成金をいただきましたので、大学生は無料です。ただしツアー終了後、レポート提出が義務となります)
申込み 先着順です。定員になり次第、締め切らせていただきます。
2月1日に第一次集約を行いますので、それまでにお申込みいただけると嬉しいです。裏面の申し込み書にご記入の上、03-3719-1712までファックスするか、メールをお願いします。メールの場合は、下記を明記の上、お申し込みください。アドレスは、mamiko.tsuchiya@nifty.ne.jp
申し込みを確認しましたら、詳しい案内をお送りいたします。
<記載事項>
・お名前
・生年月日(申し訳ありませんが、保険に入る都合上お願いします)
・連絡先 住所と電話番号(緊急連絡をとる場合を考え、一番連絡が取りやすい電話番号をお願いします。携帯電話の番号をいただけると幸いです)
・大学生の場合は、学科と学年
・一般の場合は、ご所属。日本女子大OBかも含めて教えてください

なお、今回、相馬市の旅館の特別のご配慮で、非常に安価に宿泊費を抑えています。そこで、アメニティはつきません!パジャマや歯ブラシなどは、必ずご持参ください。
主催:目白学生自治会平和係、ふくしま市民発電東京支部
お問い合わせ:090-5827-7751土屋

<2月18日スケジュール>
午前8時 JR大宮駅 集合 8時15分には出発いたします
バスの中で、参加者自己紹介。今回の訪問先の情報共有
午後1時~ 相馬到着 津神社(相馬市原釜字大津)~釣師(新地町谷地小屋字釣師)~中浜小学校(山元町坂元字舘下159-1)~龍昌寺(新地町屋地小屋字潤崎27、本堂を借りて紙芝居。「命の次に」と「津神社物語」)
午後6時~
午後7時 ホテル夕鶴(相馬市尾浜字追川147)旅館に到着。入浴と一段落。
夕飯。ふくしま市民発電の方々との交流会
ふくしま市民発電代表 新妻さんの話(ふくしま市民発電と東北お遍路の話)
<2月19日スケジュール>
午前7時 朝食
午前8時 バス出発 ふくしま市民発電所の見学 さかた接骨院(相馬市沖ノ内3丁目)、車中から:美保寿司(相馬市中村1丁目)⇒ホテルふたばや:(相馬市中村字曲田111)案内は島田靖孝事務局長
午前10時~ 相馬市役所谷津田企画課長の案内で防災備蓄倉庫(相馬市坪田字宮東25)の見学
和田観光いちご組合(相馬市和田字芝崎迫94)いちご狩り
午後0時半~ 昼食とお別れの話
午後2時 相馬出発 到着予定午後7時 解散

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ファックスの方は、以下に書き込んで、03-3719-1712までお送りください。
申 込 書
お名前
連絡先(住所と携帯電話の番号) 〒


生年月日
所属 大学生の場合は、学科と学年。一般の場合は所属


緊急連絡先 上記の携帯電話以外の番号をお願いします



スポンサーサイト
  1. 2014/01/20(月) 16:24:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。